整形手術の種類と費用

プチ整形による二重まぶたの整形は、埋没法で行われますが、その費用は平均で8万円程度となります。では、美容整形での二重まぶたの整形は、このプチ整形以外にどのようなものがあり、それぞれの費用はどのくらいなのでしょう。

まずは、部分切開法です。これは皮膚を1センチほど切開して二重まぶたにするものです。埋没法よりも、ラインが消える可能性が低くいのが特徴です。手術時間は20分程度で、費用は25万円程度です。次に、全切開ですが、これは部分切開よりも長い3センチ程度の傷を作って、二重にする方法です。まぶたの脂肪を排除することで、腫れぼったさも解消され、二重の持続効果も半永久的です。施術時間は30分程度で、費用は28万円ほどとなります。

この他にも、眼瞼下垂修正手術がありますが、これは元々目の開きが小さい人や、まぶたを開ける力が弱くなった人に対して行われる手術です。全切開の手術時に一緒に行われることが多く、費用は平均で52万円となっています。ここに紹介した費用よりも、安い設定のところもありますし、逆に高いところももちろんあるでしょう。費用にはそれぞれ理由があります。自分の予算と照らし合わせ、その上で費用についての充分な説明を受け、それから手術するかどうかを決めてください。

推奨リンク・・・美容整形<<札幌中央クリニック>>

プチ整形の特徴とは

整形プチ整形は、気軽に二重まぶたを手に入れられるということで人気となっています。この二重まぶたの施術法としては、プチ整形では「埋没法」が取られます。この埋没法は、まぶたに糸を埋め込むというもので、2点止め3点止めがあります。2点止めは、腫れが少なく、3点止めは持ちがよく取れにくいといった特徴を持っています。

ただ、メスは使わないプチ整形ですが、美容整形である以上医療行為であることには違いがありません。必ずカウンセリングを受けて、納得した上で手術を受けてください。また、人によっては腫れが目立つこともあります。では、この腫れを目立たなくする、或いは早く治めるための注意点ですが、まず術後は安静にしてください。動くことで血液の流れが早くなり、まぶたも腫れやすくなってしまいます。同じような意味で、飲酒は控え、入浴も浸かりすぎないようにしましょう。

腫れやむくみがなくなり、二重まぶたが完全にできあがるには一ヶ月ほどかかります。術後は二重の幅が広くなりがちですが、徐々に落ち着いていきます。この間は特に、目を擦ったり、大きく動かしたりするのは気を付けてください。そして、この埋没法は数年で糸が緩んできますので、効果が薄れてきたと感じたら手術を受けたところで抜糸してもらいましょう。

美容整形でプチ整形

男性と違い、女性は特に一重まぶたにコンプレックスを感じるものです。このコンプレックスのために、人目が気になり、人と会うのさえ嫌になることもあります。では、このコンプレックスはどのように解消すればいいのでしょう。

安全な施術整形と聞くと、身体にメスが入るため、なんとなく後ろめたい気持ちになるものです。しかし、美容整形にはプチ整形というものがあります。これは、メスを使わない整形手術の総称で、もちろん二重まぶたの整形手術にも応用されるのです。二重まぶたのプチ整形は、痛みが少なく、早ければ10分程度で施術は終了します。そのため、週末を利用して気軽に行えるのが大きな特徴です。

また、気になる傷痕ですが、プチ整形は跡も残りにくく、費用も比較的安く抑えられます。そして、時間の経過とともに元に戻っていきますから、少し気に入らない仕上がりであっても、またやり直しができるのです。このように、プチ整形は費用面、痛みや傷痕といった心配もなく、入院して学校や仕事を休むこともありません。また、取り返しがつかない本格的な美容整形の前に、お試しとして利用することもできます。プチ整形は今、メイクと同じような感覚で行えるものとして、多くの女性から支持を得ているのです。