プチ整形の特徴とは

整形プチ整形は、気軽に二重まぶたを手に入れられるということで人気となっています。この二重まぶたの施術法としては、プチ整形では「埋没法」が取られます。この埋没法は、まぶたに糸を埋め込むというもので、2点止め3点止めがあります。2点止めは、腫れが少なく、3点止めは持ちがよく取れにくいといった特徴を持っています。

ただ、メスは使わないプチ整形ですが、美容整形である以上医療行為であることには違いがありません。必ずカウンセリングを受けて、納得した上で手術を受けてください。また、人によっては腫れが目立つこともあります。では、この腫れを目立たなくする、或いは早く治めるための注意点ですが、まず術後は安静にしてください。動くことで血液の流れが早くなり、まぶたも腫れやすくなってしまいます。同じような意味で、飲酒は控え、入浴も浸かりすぎないようにしましょう。

腫れやむくみがなくなり、二重まぶたが完全にできあがるには一ヶ月ほどかかります。術後は二重の幅が広くなりがちですが、徐々に落ち着いていきます。この間は特に、目を擦ったり、大きく動かしたりするのは気を付けてください。そして、この埋没法は数年で糸が緩んできますので、効果が薄れてきたと感じたら手術を受けたところで抜糸してもらいましょう。

美容整形でプチ整形

男性と違い、女性は特に一重まぶたにコンプレックスを感じるものです。このコンプレックスのために、人目が気になり、人と会うのさえ嫌になることもあります。では、このコンプレックスはどのように解消すればいいのでしょう。

安全な施術整形と聞くと、身体にメスが入るため、なんとなく後ろめたい気持ちになるものです。しかし、美容整形にはプチ整形というものがあります。これは、メスを使わない整形手術の総称で、もちろん二重まぶたの整形手術にも応用されるのです。二重まぶたのプチ整形は、痛みが少なく、早ければ10分程度で施術は終了します。そのため、週末を利用して気軽に行えるのが大きな特徴です。

また、気になる傷痕ですが、プチ整形は跡も残りにくく、費用も比較的安く抑えられます。そして、時間の経過とともに元に戻っていきますから、少し気に入らない仕上がりであっても、またやり直しができるのです。このように、プチ整形は費用面、痛みや傷痕といった心配もなく、入院して学校や仕事を休むこともありません。また、取り返しがつかない本格的な美容整形の前に、お試しとして利用することもできます。プチ整形は今、メイクと同じような感覚で行えるものとして、多くの女性から支持を得ているのです。

プチ整形で二重まぶたに

二重一重まぶたや、腫れぼったいまぶたに悩んでいる女性は多いものです。そういう女性は、女優さんやアイドルのようなきれいな二重まぶたになりたいと望んでいるはずです。そういった悩みや願望を叶えてくれるのが、美容整形です。その美容整形の中でも、特にメスを入れないプチ整形に人気が集まっています。身体にメスを入れるのは、やはり抵抗があるものですし、失敗した場合のことを考えるとなかなか決心がつかないものです。しかし、プチ整形なら、費用も比較的安く、気軽に行えます。

プチ整形で、二重まぶたにするには埋没法という手術を行います。これは、まぶたに糸を埋め込んで二重にするというものです。手術時間も10分から長くても20分程度で終わりますし、入院することもなく日帰りが可能なため、多くの女性がこの方法で二重まぶたを手に入れています。ただし、手術後は安静にして、飲酒や運動、長い入浴は控えるようにしてください。血流が激しくなることで、腫れることがあります。

美容整形で二重まぶたにするには、この他に、部分切開全切開などがあります。これらの手術はまぶたにメスが入りますので、プチ整形に比べると、きれいな二重になりますし、全切開の場合は二重が半永久的に持続します。費用は、プチ整形で10万円以内、部分切開や全切開で25万円から30万円程度となります。プチ整形は、メスを使わない手術法ですが、あくまでも医療行為です。しっかりとカウンセリングを受け、費用や手術法、注意点などを理解した上で、手術を受けてください。当サイトは、プチ整形などの美容整形で二重まぶたにする方法について説明します。